オフィス家具の買取・リサイクル・廃棄処分はオフィス退去の匠へ。

オフィス家具廃棄処分
オフィス家具・什器備品の買取・リサイクル・廃棄処分

「オフィス家具ハイブリット回収」なら、製品買取、マテリアル買取、古物引取、廃棄処分の組み合わせ「ハイブリット回収」により
オフィス家具撤去コストの削減と再資源化を実現します!

オフィス家具の廃棄費用をなるべく安く抑えたい。オフィス家具廃棄の見積りをもらったけど高かった。

中古家具として売却しようとしたけど売れなかった・・・。そんなときは「オフィス退去の匠」へ!

お気軽にお問い合わせください。044-355-8219受付時間 8:00 - 18:00

お問い合わせはこちら TEL 044-355-8219

オフィス家具のハイブリッド回収って何?

オフィス退去の匠は、不要なオフィス家具・什器備品類を、4つの方法(①製品買取 ②マテリアル買取 ③古物引取 ➃廃棄処分)でご提案。

廃棄処分量そのものを削減し、廃棄コストを削減します!

ハイブリット回収は、買い取れるものはなるべく買い取り、無料で引取れるものは無料で引き取ります。
廃棄する物の量を減らすことで、お客様にとってメリットのある価格帯でオフィス家具の廃棄処分ができます。

①製品買取

オフィス家具のリュース!

中古品として市場に流通できるオフィス家具は、製品として買い取ります!

需要と供給のバランスにより製品買取が出来かねる物品もあります。

②マテリアル買取

製品として流通できない家具は素材(金属)として買取します!

例えば、スチールデスク、スチールキャビネット等は鉄として買い取ります。

マテリアル買取は、年式が古いオフィス家具も買取の対象となります。

古物引取

古物引取は、製品として買取は出来ませんが、廃棄代金を頂かずに
無料で引き取ります。

古物引取は、パソコン、空気清浄機など電化製品や、

オフィスチェアなど、複数素材で構成されマテリアル買取が出来ない物品が対象になります。

製品として買取は出来ませんが、廃棄代金を頂かずに無料で引き取ります。

廃棄処分

①②③に該当しないものは廃棄処分として物品ごとの廃棄代を頂きます。

但し、廃棄=捨てるのではなく、徹底した仕分けと分別を行い、資源として再生します。(リサイクル)

お気軽にお問い合わせください。044-355-8219受付時間 8:00 - 18:00

お問い合わせはこちら TEL 044-355-8219

産業廃棄物処分業の許可業者直営!廃棄費用が安い!対応が早い!

オフィス退去時に発生する廃棄物は「産業廃棄物」です。

産業廃棄物の運搬や処分には許認可が必要ですが、私たちは、産業廃棄物の収集運搬業・処分業の許可業者 のため、どちらも取り扱うことができます。

しかも、オフィス退去の匠は、自社スタッフが お見積り、解体作業、搬出作業、収集運搬、処分まですべて対応!

中間マージンが発生しないので、廃棄費用を安く抑えてオフィス家具や什器備品の廃棄物処分ができます。

だからオフィス家具の廃棄処分費用を大幅に削減できる!その上、話が早くてスピーディー!

産業廃棄物処分業の許可業者と直接取引でコンプライアンス安心!

「オフィス退去の匠」は、産業廃棄物収集・運搬及び処分業の許可業者である株式会社アイアールイー(産業廃棄物中間処理業者)が運営しています。

許可業者、いわゆる産業廃棄物のプロとの直接取引なので安心です。

産業廃棄物中間処理業者が、直接お客様とやりとりをして、廃棄物の回収や処理を行うのは、あまり一般的ではありません。

しかし「オフィス退去の匠」は、 産業廃棄物中間処理業者でありながらも、直接お取引をさせて頂くことで、お客様ご自身に安心して廃棄処分を委託していただけると自負しています。

「オフィス退去の匠」は、廃棄物中間処理業者として、社会のために、地球のために、廃棄物を減らしたいと考えています。

私たちは、オフィス退去からの廃棄品の資源再生率100%を目指しています。

もし私たちの活動にご賛同いただけたら、是非とも貴社のオフィス家具・什器備品の廃棄物を「オフィス退去の匠」にお任せください。

オフィス家具を資源リサイクル
オフィス家具をリュース・リサイクル

オフィス家具ハイブリッド回収(買取・リサイクル・廃棄処分)の料金体系

オフィス家具・什器備品の買取・リサイクル・廃棄処分の料金体系は、以下4点の合計になります。

オフィス家具・什器備品のハイブリット回収料金体系

オフィス家具のハイブリット回収の料金体系=①+②+③+➃

  1. オフィス家具の買取・リサイクル・廃棄処分費用
  2. 搬出作業費
  3. 車両運搬費
  4. その他(養生費、諸経費)

①オフィス家具の買取・リサイクル・廃棄処分費用

撤去するオフィス家具や什器備品の数(撤去品リスト)、状態(写真)により、製品買取&マテリアル買取&古物引取&廃棄処分に分類してお見積りを作成します。

①製品買取の価格

メーカー名や型番、写真をメールで送って頂き買取額を査定致します。

需要と供給のバランスにより製品買取が出来かねる物品もあります。

(その場合はマテリアル買取や古物引取での金額でお見積りを致します。)

②マテリアル買取の価格

製品として流通できない家具は素材(金属)として買い取ります。

例えば、スチールデスクであれば、両袖デスクなら1台200円、平机なら1台50円で買い取ります。

1点ずつの買取金額は少ないですが、物品数が多いほどトータル金額にインパクトが出るのでお得です。

古物引取の価格

古物引取は 無料0円で引き取りを致します。

パソコンやプリンターなどの電化製品やマテリアル買取が出来ないオフィスチェア等を対象としています。(製品買取が出来ない家具で状態が良いものも古物引取の対象になります)

オフィスチェアは廃棄点数が多くなりがちですが、古物引取により全体的な撤去コストを抑えることが可能です。

最後に、廃棄処分

①②③に該当しないものは廃棄処分として物品ごとの廃棄代を頂きます。

例えば木製組み立てデスクや、カーペット類などが廃棄品になります。
産業廃棄物処分業者である私たちと直接取引になるので、廃棄代そのものも他社よりお得な金額でお見積りをお出しできます。

物品1点ずつでお見積りを出すため、リューベ単価やトラック〇台分などの廃棄費用よりも分かりやすい形でお見積りをご提示します。

②搬出作業費家具

搬出作業費の目安は 18,000円/人工(税別)

廃棄物の物量やビルにエレベーターが有るか無いかなどで必要人数が変化し比例して金額が変動します。

③車両運搬費

車両運搬費の目安は 30,000円/台(税別)

※4tアームロール、3t平ボディ車

※東京23区・横浜市・川崎市 (それ以外の地域は別途見積り)

古物引取の物量に応じて、古物引取品運搬お値引きがあります。

④その他(養生費、諸経費)など

養生費基本料金 5,000円〜 

※退去ビルの養生基準や養生の量によって変化します。

諸経費

駐車場料金や消耗品など必要に応じて、見積もりとなります。

オフィス家具ハイブリット回収(買取・リサイクル・廃棄処分)対応エリア

東京23区、横浜市、川崎市

※その他のエリアの方はご相談ください

お気軽にお問い合わせください。044-355-8219受付時間 8:00 - 18:00

お問い合わせはこちら TEL 044-355-8219

お問い合わせからご契約の流れ

お問い合わせ
お電話(044-355-8219) か
お問い合わせフォーム 
info@office-taikyo.com  へ
ご連絡をください。
お問い合わせ
「撤去リスト」が届くので記入して送信
「オフィス退去の匠」より、メールにて「撤去リスト」を送信致します。

※既に撤去品を表などにまとめていらっしゃる方は、
お手持ちの表と写真を info@office-taikyo.com へ
メール頂くことでもお問い合わせ可能です。

※現地調査後のお見積りをご希望の場合は、お申し付けください。
廃棄物処分データシート
見積りがメールで届く
「オフィス退去の匠」より、お見積書をメールにて送信致します。
お見積り
見積り確定
見積書をご確認・ご検討の上、発注意思をお知らせください。
発注
作業日時の調整・委託契約書のご確認
作業日時を調整の上、決定します。

産業廃棄物収集運搬及び処分委託契約書のひな形を送ります。ご確認をお願い致します。

委託契約書とは?

※委託契約書とは?
産業廃棄物の収集運搬及び処分を委託するための契約書です。排出事業者は、産業廃棄物の処理を原則として自ら行う必要があります。但し、他人に産業廃棄物の処理を委託する場合は、事前に許可業者と「産業廃棄物収集運搬及び処分委託契約書」を交わしてから廃棄物を処分させる必要があります。
作業日時
産業廃棄物委託契約書の締結・発注書の承認
「産業廃棄物収集運搬及び処分委託契約書」の締結を電子サインで行います。

※メールで承認・締結をお願いしています。
作業当日(解体、搬出、運搬) 
お約束した日時に作業にお伺いして解作作業や搬出作業を行います。
廃棄物収集・撤去作業当日
マニフェスト伝票(産業廃棄物管理表)の発行
マニフェスト伝票(産業廃棄物管理表)を代行して発行します。
マニフェストにサインをして頂き、マニフェスト A票 をお返しいたします。

※マニフェスト(産業廃棄物管理票)は7枚つづりの複写になっています。
※A票 排出事業者の控えとなります。

サイン
廃棄物収集運搬及び処分完了報告
廃棄物の収集運搬及び処分完了後、マニフェスト伝票 B2票・ C2票 ・ D票  を郵送いたします。

※B2票とは、処分業者への運搬終了後、運搬業者から排出事業者に返送され、排出事業者が運搬終了を確認するための書類です。
※C2票とは処分終了後、処分業者から運搬業者に返送され、運搬業者が処分終了を確認することができます。
※D票とは、処分終了後、処分業者から排出事業者に返送され、排出事業者が処分終了を確認 することができます。

中間処理報告
最終処分の完了後、マニュフェスト伝票送付
最終処分の完了後にマニフェスト伝票 E票 を送付させて頂きます。

※E票とは、最終処分終了後、処分業者から排出事業者に返送され、排出事業者が最終処分終了を確認します。
※それぞれの伝票の送付を受けたから5年間保存をお願い致します。
資源再生率

お気軽にお問い合わせください。044-355-8219受付時間 8:00 - 18:00

お問い合わせはこちら TEL 044-355-8219

オフィス家具の廃棄と同時にご検討ください

オフィス退去の匠 なら、以下のようなサービスもできる!是非同時にご検討下さい。

  • 書類を溶解処理をしてほしい!

お気軽にお問い合わせください。044-355-8219受付時間 8:00 - 18:00

お問い合わせはこちら TEL 044-355-8219